抱かれたくない男に死にたくなるほどイカされて… 本田瞳

抱かれたくない男に死にたくなるほどイカされて… 本田瞳

「俺と結婚しない?バツ1でも平気だし夜も結構凄いよ…?」瞳は昔から夫の同僚・細田が苦手だった。
派遣のOLをしていた頃、下品に口説いてきた最低な男。
夫と結婚してからも変わらないデリカシーの無さと雑な態度を見兼ね、瞳は夫に「あまり関わりたくない。」と伝えていた。
しかし、それを聞いていた細田は激昂して瞳を荒々しく強引に押し倒す…。
「絶対イク訳ない…」と抵抗する瞳だが言葉とは裏腹に何度もイカされて…。

タイトルとURLをコピーしました