母の友人 岡江凛 若者に求められ図らずも身体を許してしまう母 172

母の友人 岡江凛

地元の祭りに参加する為、帰省してきた凛。友人・由美の家に泊まらせてもらうのだが、由美の息子・裕也は憧れの女性との再会に喜びを隠しきれなかった。そしてその夜、ほろ酔いの凛が部屋に訪れて…。酒の勢いもあって、彼女で初めて感じた性の目覚め、今までの想いを告げるのだった。若い男に求められた嬉しさから、凛は堪らず身体を重ねてしまう。それ以来、こっそりと快楽を求め合う二人、そして凛の帰る日が近づいてきて…。

その他お勧め

タイトルとURLをコピーしました